2008年06月06日

しばらく振りの投稿です。

アルファロメオ ベローチェでいきなりの路上エンコ!!



いや〜とても、お恥ずかしい話になるのですが〜・・・・・

先日、仕事を終えて、お腹がグーグー鳴っていたので、近所のガストに食事に行こうと、ベローチェで出かけていった時に、おこった出来事です。

信号待ちをしていると、なんとエンストしてしまい。
そのまま何度セルを回してもエンジンはかかりませんでした。


blog115_1.JPG

『↑こいつです!こいつ!』


まあ〜仕方ないと思い、まずは路上では危険なので(夜で交通量が少なかったのが幸いでしたが。)ちょうどすぐ横に、動物病院の駐車場があり、そこに車を置かして頂いて、車をチェックしだしたのですが、ベローチェに工具を積んでいなかった為、たいしたことも出来ず、セルは回っているから、点火系か燃料が来てないと思ったのはよいのですが、プラグでもはずせればすぐにどちらかの判断はつくのですが・・・・

仕方ないので燃料ポンプのリレーやプラグコードをはずして見たり、叩いて見たりと出来る事をやって見たのですが、相変わらず、うんともすんともエンジンは言ってくれず。

仕方ないのでJAFをよんで牽引してもらおうとTELして呼びました。


blog115_4.JPG

『屋根が無いおかげで軽くて何とか1人でもおせましたよ〜!』


20分ぐらいでJAFの人が到着して、JAFの方に、お恥ずかしい話ですが車屋なんですが、すみませんとお詫びして、原因究明をしてみると、プラグから火花が飛んでなく、そうなればデスビ&コイルが原因かとしぼられてきて、コイルからデスビには火花?電気がきているのを確認でき、どうやらデスビが原因?デスビキャップをはずしてキャップの中を確認すると内側に金属が溶けて固まったようなものがパラパラと付着しており、キャップの中の接点も磨り減っており、どうやらキャップ&ローターが原因だろうとJAFの方と意見が一致しましたが、JAFの方がベローチェ用のデスビキャップ&ローターを持っているはずも無く、

店舗&住居(3〜4km離れた所)に在庫はあるけど〜・・・

と話したら牽引していくより取りに行った方が早いと話になり、JAFの牽引車で取りに行きデスビキャップ&ローターを交換して無事にエンジンがかかりました。チャンチャン(^^)

教訓です。取り変えようと思い、取り寄せてあったのですが、急いで直していたわけでもなく後回しにしていた自分がいけないのですが、後から考えればたまにですがエンストした事あったのですが、すぐにエンジンかかっていたので、まったく気にしていませんでした。

もうその時から、前兆があったのに気に留めていなかったのが悪いですよね〜!!

入ってきたばかりの車であれば、かなり気にして試運転しているので、おかしいと思えばすぐに対処するのですが〜・・・・・


blog115_5.JPG

ちょっと抜けたお馬鹿の車屋のドジなお話でした。


チャン・チャン!!(^^)





posted by フレスコ at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。